脱毛サロンの選び方

探す脱毛機関での脱毛を希望する場合は、何処でするかを選択をしなければなりません。永久脱毛にこだわるならクリニックでの医療用のレーザー脱毛をおすすめしますが、そこまでこだわらないなら脱毛サロンでも十分問題ありません。ようは、脱毛サロンで満足しなければ、部分的にクリニックでの施術をすれば金額も安くすむのです。

ではどのようにサロンを選びましょう。
脱毛サロンは大きくわけて、部位ごとに脱毛を選択できるサロンと、全身脱毛のサロンにわかれます。前もってしたい部位を決めておくのが賢明です。一か所ずつ終わらせてプランを継ぎ足していくと高額になる恐れもあり、予約がいっぱいで取れずに時間がかかることもあるからなのです。

近年、脱毛サロンでの競争が激化し、様々なサービスやプラン、特長を生かしてしのぎを削っています。まずカウンセリングを受けることから始めましょう。初回限定サービスや学割、友達割など自分に当てはまるお得なものもあるかもしれません。自分で聞いて、比べるのが最も信用できます。また、脱毛できるサロンのほとんどのところが体験できるコースがあります。必ず受けて、サロンの雰囲気やスタッフの対応、脱毛法が肌に合うかを確認してください。脱毛は時間もお金もかかるものです。後悔のないようにしましょう。

こうしたお得なキャンペーン情報や、体験コースの有無、プラン内容などをまとめて掲載している脱毛特集サイトなどもありますので、参考にしてみると自分に合ったサロンを見つけやすいかもしれません。是非活用してみると良いでしょう。


▽関連情報サイト▽
全身脱毛 安い
(複数の脱毛サロン情報をまとめて掲載しているサイトです)

脱毛サロンの特徴

そもそも「脱毛サロン」とはいったいどういうところなのでしょうか。
クリニックなどの医療機関とは違い、エステティックサロンとも違う、「脱毛のみ」に特化したサロンなのです。エステティックサロンは脱毛の他に、フェイシャルや痩身などもトータルに行いますが、脱毛サロンは脱毛をメインにしたエステティックサロンなのです。

サロン脱毛サロンの特徴は、クリニックやエステティックサロンと比べると料金が格段に安いという点と明確な料金プランが提示されているところです。クリニックのように医療行為の保険適応外になることもなければ、一部のエステティックサロンのように入会金・年会費もかかりません。

そして、少しでも価格を下げるために簡素化しています。豪華な雰囲気はあまりないかもしれませんし、人気店では人の出入りも多く、雑多な感じも見受けられるかもしれません。これは初回以外の、施術前の案内や説明のための時間が短くなっているからという企業努力のあらわれなのです。

また、面倒で嫌な勧誘にもあわずにすみます。エステティックサロンは脱毛が終わっても他のコースやプランもあり、昔ほど強引ではなくても紹介や説明を受けることもあります。しかし、脱毛サロンは脱毛さえ終われば済むので、人気も高まっているのです。

次は脱毛サロンの選び方について説明していきます。

脱毛の種類

脱毛の種類はいくつかあります。
まず、医療脱毛(レーザー脱毛)とエステ脱毛(光脱毛)です。この2種類の脱毛はレーザーを使っての脱毛になりますが大きな違いがあります。レーザー出力の違いです。
医療のレーザー脱毛はクリニックなどの医療機関での施術になり、光の波長と照射エネルギーが強く、永久性が認められています。また少ない回数でできたり、肌トラブルに対処してくれるという利点がありますが、痛みを伴うことや料金が高いので、最近は光脱毛を選ぶ人が増えています。

脱毛光脱毛は医療脱毛と違って痛みは少なく、脱毛による肌への刺激が少ないのでサロンに通いやすい身近なものになっています。ただ、永久的ではなく、毛を薄く生えにくくします。時間や回数もかかりますが、金額が安いという利点があります。どちらのレーザーでの脱毛もメリット・デメリットがあるのでよく考慮しましょう。

他にもニードル脱毛やワックス脱毛、除毛クリームによる脱毛があります。ニードル脱毛は、一つ一つの毛穴に直接針を刺し、電流を流して脱毛する方法なので効果が高いのですが、時間とお金がかかり肌へも負担がかかります。ワックス脱毛や除毛クリームはサロンだけでなく家庭でもできる手軽な除毛法になっています。

つづいて脱毛サロンの特徴について紹介していきます。

脱毛で失敗しない為に

自分の身体を守る意味で、脱毛で失敗しない為に知ってほしいことがいくつかあります。
まずは毛の構造です。毛は表皮から見える上の部分を「毛幹」と呼び、表皮より下に埋まっている目では見えない部分を「毛根」と呼びます。そして毛根の根元にある一番ふくらんだ部分が「毛球」です。毛球部分の先は内側に凹んでいて、この部分に「毛乳頭」があり、その周囲を「毛母細胞」といいます。そして毛乳頭のはたらきによって毛細血管から栄養を取りこみ、毛母細胞へ運んで、細胞分裂が起こり毛が作られます。

毛根発毛にはサイクルがあり、「休止期」「成長期」「退行期」の順に繰り返します。これを「毛周期」といい、生える部位によって変わってきます。頭髪の毛周期は約4年と長く、ワキの毛やビキニラインは約2~3ヶ月の周期です。脱毛するにはこの周期が大切になってきます。そして、脱毛は「成長期」の毛に対して行わなければ効果は得られません。「成長期」の毛だけ、毛本体と毛根がくっついている状態で、「退行期」や「休止期」には毛と毛根が離れている状態だからです。

また、皮膚の表面上に出てきている体毛の割合も重要になってきます。
髪の毛の成長期の毛は全体の約8割~9割表に出ているのに対し、ワキやビキニラインの毛は3割~4割、腕や脚は2割程度と、出てきていない毛がかなり皮下に潜んでいるということなのです。そのため一度処理しただけでは終わらず、また皮下に潜んでいた新たな毛が生えるのを待って、その毛周期に合わせて定期的に処理をしなければならないのです。

つづいては脱毛の種類について説明していきます。