脱毛で失敗しない為に

2016-10-05 @ 02:11 PM

自分の身体を守る意味で、脱毛で失敗しない為に知ってほしいことがいくつかあります。
まずは毛の構造です。毛は表皮から見える上の部分を「毛幹」と呼び、表皮より下に埋まっている目では見えない部分を「毛根」と呼びます。そして毛根の根元にある一番ふくらんだ部分が「毛球」です。毛球部分の先は内側に凹んでいて、この部分に「毛乳頭」があり、その周囲を「毛母細胞」といいます。
そして毛乳頭のはたらきによって毛細血管から栄養を取りこみ、毛母細胞へ運んで、細胞分裂が起こり毛が作られます。

発毛にはサイクルがあり、「休止期」「成長期」「退行期」の順に繰り返します。これを「毛周期」といい、生える部位によって変わってきます。
頭髪の毛周期は約4年と長く、ワキの毛やビキニラインは約2~3ヶ月の周期です。脱毛するにはこの周期が大切になってきます。
そして、脱毛は「成長期」の毛に対して行わなければ効果は得られません。「成長期」の毛だけ、毛本体と毛根がくっついている状態で、「退行期」や「休止期」には毛と毛根が離れている状態だからです。

また、皮膚の表面上に出てきている体毛の割合も重要になってきます。
髪の毛の成長期の毛は全体の約8割~9割表に出ているのに対し、ワキやビキニラインの毛は3割~4割、腕や脚は2割程度と、出てきていない毛がかなり皮下に潜んでいるということなのです。そのため一度処理しただけでは終わらず、また皮下に潜んでいた新たな毛が生えるのを待って、その毛周期に合わせて定期的に処理をしなければならないのです。